張るタイプの外壁塗装、外壁サイディングについて沖縄の業者がご紹介

2020年1月1日

「外壁塗装を調べていく中で、張る方法があることを知り興味を持った。」
外壁塗装をする際には、どのような工法があるのか気になるかもしれません。
費用もかかりますから、工法の特徴を理解した上で選びたいものですよね。
外壁塗装には、塗るだけではなく張るタイプの工法も存在しています。
そこで今回は、張るタイプの外壁塗装である外壁サイディングについて沖縄の業者がご紹介します。

□沖縄の外壁塗装業者がご紹介、サイディングとはどのようなものなのか?

サイディングとは、外壁の外側に張り付ける板のようなものです。
表面材とも呼ばれており、パネルが外壁を覆うと考えると想像しやすいかもしれません。
種類は、金属系・樹脂系・セラミック系・木材系・窯業(セメント)系などがあります。
それぞれにも使われている材料によってさらに細かく分類されます。
たとえば、金属系にあるのは、塗装ガルバリウム鋼板・アルミニウム合金塗装板・塗装溶融ステンレス鋼版などです。
塗装ガルバリウム鋼板は、アルミニウムと亜鉛が含まれています。
アルミニウム耐久性と亜鉛の犠牲防食作用を持つのが特徴です。
アルミニウム合金塗装板は、軽量であることから建物への負担が少ないのが期待されます。
塗装溶融ステンレス鋼版は、さびにくく耐久性や防火性があるのが特徴です。

□張るタイプのサイディングがおすすめの条件とは?

*外観の色合いや模様にこだわりがある

外壁をリフォームする際に、色合いや模様にこだわりがある方も多いと思います。
しかしながら、塗装ではうまく実現できないかもしれません。
そういった場合には、サイディングを利用しておしゃれな外観にするのも良いでしょう。

*塗装が難しいと言われた場所がある

家の状況や場所によっては、塗装が難しいかもしれません。
しかしながら、経年劣化をそのまま放置するのは危険です。
サイディングは塗装の代わりにできることも多く、同じように耐久性を確保します。
塗装ができない箇所にのみ利用するのも良いでしょう。

*汚れやサビに強い外壁にしたい

サイディングの中には、耐久性の高いものも多く存在します。
特にサビへの強さは大きな特徴です。
外壁は外界からの様々な影響を受けていますよね。
砂埃などもよく飛来しますが、頻繁に掃除するのは難しいかもしれません。
その際に、サイディングによって耐久性の高い外壁にすることで、長く美しい状態を維持できます。

*家の耐久性が気になる

外壁サイディングは、壁の外側にパネルを張る仕組みです。
すなわち壁をもう一枚増やしていることに該当します。
家を支える部分が厚みを増し、耐久性を高めて災害により強い家にできるでしょう。

□まとめ

今回は、張るタイプの外壁塗装である外壁サイディングについて沖縄の業者がご紹介しました。
サイディングは表面材とも呼ばれており、様々な種類が存在しています。
特に、塗装が難しい場合や耐久性を高めるために利用されるのがおすすめです。

無料お見積は今すぐお電話を。