ドリ-ムハウス沖縄は、那覇市、豊見城市、糸満市、浦添市など(県全域)をエリアとした、ひび割れ補修、塗装、断熱防水、瓦防水専門店です。

最新記事

月別アーカイブ

最新記事

防水工事に使用される塗料の種類と特徴は?沖縄県で防水工事をするなら

2019年11月8日

防水工事に使用されている塗料について知りたいとお考えの方はいませんか?
「どんな塗料が使われているの?」
「塗料によって違いはあるの?」
このように、ご自宅の防水工事に使用されている塗料が気になる方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回は、防水工事に使われる塗料の特徴についてご紹介します。

 

 

□防水工事に使われる塗料の種類と特徴は?

沖縄県では台風が多い気候のために防水工事を自宅の外壁に施すことは多いですよね。
しかし、どんな塗料が使用されているか知っている方は少ないのではないでしょうか?
そこで、ここでは防水工事に使用される塗料の種類とその特徴についてご紹介します。
基本的には塗料の種類によって耐久年数と価格が異なります。
そのため、ご自宅の塗り替え頻度や予算感に合わせてコストパフォーマンスが良いものを選んでみてください。

 

*アクリル系塗料

価格が比較的安価で工事を行うことができる代わりに、耐久年数が短いです。
しかし、外壁の色を際立たせておしゃれにしたい時に効果的です。
頻繁に外壁の色を変えたい方にはおすすめです。

 

*ウレタン系塗料

アクリルよりも防水性能が高いです。
コストパフォーマンスに優れています。
密着性に優れ、外壁の剥がれに対処したい方にはおすすめです。

 

*シリコン系塗料

仕上がりが良く、アクリル系とウレタン系と比較すると上質な仕上がりが特徴です。
弾性に優れ、防水性が損なわれづらいです。
耐久年数と価格のコストパフォーマンスを重視する方にはおすすめです。

 

*フッ素系塗料

耐久性や撥水性に優れています。
一方で、汚れやすい点には注意が必要です。
価格は、今回ご紹介した塗料で最も高価ですが、長持ちさせると、お得になるケースがあります。
したがって、塗り替え頻度が低い方にはおすすめです。

 

 

□外壁塗装のメリットは?

外観を良くするだけでなく、水から自宅を守ってくれる点です。
住宅は、木材やセメントなど水に弱い材料でできている場合が多いですよね。
そのため、ひび割れから水の侵入を許すと劣化が早まります。
したがって、特に台風の多い沖縄県では水から自宅を守るための防水工事が大切ですね。

 

 

□防水工事のデメリットは?

塗料の耐久年数に合わせて塗り替えする必要がある点です。
定期的な支出は避けられないので、塗り替え頻度からコストパフォーマンスの良い塗料をご検討ください。

 

 

□まとめ

今回は、防水工事に使用される塗料の特徴についてご紹介しました。
4種類の中から塗り替え頻度や重視する点に応じてコストパフォーマンスが良い塗料を選択したいですね。
当社では、沖縄県にお住まいのお客様を中心に防水工事についてのご相談を随時受け付けております。
防水工事の専門家が沖縄県にお住まいのお客様を全面的にサポートいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

詳しくはこちらをクリック