ドリ-ムハウス沖縄は、那覇市、豊見城市、糸満市、浦添市など(県全域)をエリアとした、ひび割れ補修、塗装、断熱防水、瓦防水専門店です。

最新記事

月別アーカイブ

最新記事

沖縄で防水工事をお考えの方へ!防水工事の工期について解説します!

2021年3月5日

「沖縄で屋上や外壁の防水工事をしたい」

「屋上や外壁の防水工事を業者に頼んだ場合の工期が知りたい」

このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

沖縄では台風の被害が多く、住宅の防水性能を高めたいと思っている方は多いと思います。

しかし、防水工事をしたことがない方は、工事にどのくらいの期間がかかるのか分かりませんよね。

そこで今回は、屋上や外壁の防水工事を業者に頼んだ場合の工期について紹介します。

 

□防水工事の工期の目安

*屋上の場合

屋上の防水工事には、いくつかの種類がありますが、特に多いのはFRP(繊維強化プラスチック)を用いた工法です。

FRPは、軽量で強度が高いという特徴があります。

FRPを用いた防水工事の工期の目安は、1日から2日と言われています。

施工範囲や頼む業者によって、防水工事の工期は変わる可能性があるので、まずは地元の業者に相談してみましょう。

FRPを用いないウレタン防水工事やシート防水工事、アスファルト防水工事などは、下処理によっては3日から5日ほどかかる場合があります。

 

*外壁の場合

外壁の防水工事では、主に塗装が行われます。

塗装には工程が10個ほどあり、丁寧に行うと最低でも1つの工程に1日はかかります。

そのため、工期は順調に進んでも10日間は必要です。

特に、最初の段階である下地処理では、ひび割れやシーリング部分の劣化を補修するため、多くの時間がかかる場合があります。

劣化が激しくなければ1日で終わりますが、状態によっては数日かかることを考慮して、スケジュールを定めましょう。

 

□防水工事の工期は周りの環境によっても変わる

周りの環境によって防水工事の工期は変わります。

順調に工事を進めるためにも、足場は設置しやすいか、ご近所様のご理解は得られるかどうかなど、不安な要素はあらかじめ確認しておきましょう。

 

□まとめ

今回は、屋上や外壁の防水工事を業者に頼んだ場合の工期について紹介しました。

FRPを用いた防水工事の目安は、1日から2日です。

外壁の塗装での防水工事は、約2週間かかります。

防水工事は順調に必ず進むとは限らないので、計画する際には余裕を持ったスケジュールを組みましょう。

本社では、屋上や外壁の防水工事に関しての知識と経験が豊富なスタッフが多数在籍しています。

また、お客様に安心していただけるように「5年間施工保証」や「年2回アフターフォロー」のサービスをご用意しています。

もちろん、防水工事のお見積もりは無料です。

屋上や外壁の防水工事に関して何か分からないことがある方は、本社までお気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをクリック