ドリ-ムハウス沖縄は、那覇市、豊見城市、糸満市、浦添市など(県全域)をエリアとした、ひび割れ補修、塗装、断熱防水、瓦防水専門店です。

最新記事

月別アーカイブ

最新記事

外壁塗装はどのタイミングでしたら良いの?沖縄の業者が解説します!

2021年3月29日

沖縄で外壁塗装の工事をお考えの方はいらっしゃいますか?

外壁塗装の工事をするにあたって、いつするべきなのかについてお悩みの方もおられるでしょう。

自分で見ただけではなかなか分かりませんが、様々な観点を考慮して、工事をするべきタイミングがありますので、今回はそれについて解説していきます。

 

□築年数の観点から見た外壁塗装をするタイミングを解説

最初に、築年数の観点から外壁塗装をするのにベストな時期はいつなのか確認していきましょう。

結論から言うと、築10年を経過したころが塗装をするのに適したタイミングとなります。

では、なぜ築10年がおすすめなのでしょうか。

まず1つとして、建物の美観を保つためという点があります。

外壁は毎日雨風にさらされていますので、色あせや損傷など、見た目の観点で気になってくるでしょう。

ちょうど10年くらい経つと、その色あせなどが目立ってきますので、塗装しなおすには良い時期と言えるでしょう。

また、外壁の防水性能の低下も関わってきます。

築5年から7年くらい経つと防水性能が限界を迎えると言われており、その状態では雨漏りなどの被害が起こってしまう可能性があります。

一度外壁を塗りなおすことで防水性能が回復し、強い雨風にも耐えられる状態に回復するでしょう。

 

□建物の症状の観点から見たベストタイミングとは

次に、実際に建物にどのような症状が出始めたら塗装を検討するべきなのかというポイントについて解説していきます。

ここでは、目で確認できる4つの症状をご紹介しますので、参考にしてください。

1つ目は、チョーキング現象というものです。

外壁に触れたときに、手に壁と同じ色の粉が付いたことはないでしょうか。

それは、チョーキング現象といって、外壁が直射日光や雨風によって劣化している証拠です。

この現象が現れたときは、外壁の工事を検討してみてはいかがでしょうか。

2つ目は、クラックと呼ばれるひび割れです。

クラックは、見た目が悪くなるだけでなく、その隙間から腐食が広がってしまうこともあり、放置しておくのは得策ではありません。

3つ目は、雨漏りをし始めたときです。

雨漏りが起こっているということは、外壁または屋根の構造部分に何らかの欠陥が起こっている可能性があります。

この症状が出たときは、構造材の劣化による家全体の強度の低下につながりかねません。

早急に対処する必要がありますので、外壁塗装をしなおす機会としては適しているでしょう。

4つ目は、外壁の汚れやカビが目立ってきたときです。

汚れやコケ、カビが目に付くようになってきたら塗り替えのタイミングです。

汚れが目立つようになったということは、外壁の防水力や耐久力が低くなってきているということが考えられるでしょう。

カビなどの場合は業者に頼んで、根本から除去してもらうと良いでしょう。

 

□外壁塗装に適している季節とは

次は外壁塗装をしてもらうならどの季節が向いているのかという切り口で解説していきます。

結論から言うと、一番おすすめの季節は春と秋ということになります。

春と秋は、空気が適度に乾燥していて、塗料の乾きが比較的早いためです。

そのため、工事を短い期間で済ませられるでしょう。

その一方でその時期に工事をするデメリットもあります。

春や秋は塗装の工事に適しているので、繁忙期になっており、工事の発注がしにくくなる可能性があります。

そこで、ある程度繁忙期からずらし、かつ工事をするのに問題のない時期を選ぶのがベストな選択です。

外壁塗装の工事に適した条件は、気温5度以上、湿度85%と以下ですので、それを満たしてかつ繁忙期を避けたタイミングを見つけましょう。

 

□沖縄で外壁塗装をするベストタイミングとは

最後に、沖縄で塗装の工事をするのに適している時期について解説します。

沖縄の場合も例外ではなく、築10年から15年くらいで外壁を塗りなおす必要があるでしょう。

沖縄の場合は先祖代々から住んでいて、住居が比較的古いということも考えられます。

また、沖縄は台風の影響を受けるなど、自然災害の影響を受けやすい地域でもありますので、外壁が雨風によって劣化しやすいことがあります。

また、普段から気候が変わりやすい地域ですので、塗装をするのには比較的機気候が落ち着いた時期を選ぶのが良いでししょう。

逆に、雨季や雨が多いシーズンは外壁塗装の工事をするのには向いていません。

いったん工事を始めたとしても、雨などの影響で工事がストップしてしまい、工期が長引いてしまう可能性があるからです。

沖縄のような雨の多い地域では、塗装をした際に正しく乾燥させることがとても重要になってきます。

春や秋などの気候が穏やかな時期を選んで、検討してみてはいかがでしょうか。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装をする最適なタイミングについて解説しました。

季節や築年数など様々な観点から見て判断することをおすすめします。

また、沖縄などの雨が多い地域では、塗料の乾燥のためにある程度期間を確保できるかが重要です。

塗装の工事は気候が落ち着いてきた時期を見計らって依頼してみることをおすすめします。

詳しくはこちらをクリック