ドリ-ムハウス沖縄は、那覇市、豊見城市、糸満市、浦添市など(県全域)をエリアとした、ひび割れ補修、塗装、断熱防水、瓦防水専門店です。

最新記事

月別アーカイブ

最新記事

沖縄にお住まいの方へ!外壁塗装の業者の選び方とは?

2021年3月30日

沖縄にお住いの方で家の外壁工事をお考えの方はいらっしゃいませんか?

自然災害の多い沖縄では外壁の塗装工事を行っておくことは重要です。

しかし、塗装工事を行う業者は県内だけでもたくさんあり、悩んでしまうのではないでしょうか。

今回は、塗装工事の業者を選ぶ際に気を付ける点などについて解説します。

 

□外壁塗装の工事をできる業者について解説

最初に外壁塗装の工事を行えるのは誰なのかという点について見ていきましょう。

それを専門としている塗装の業者はもちろんのこと、他にもリフォーム業者や大手のハウスメーカーにも依頼できます。

この3つの選択肢について、費用、信頼度、技術力の観点で比較検討をしていきましょう。

まず費用に関してですが、地元の小規模のものであれば塗装業者に依頼するのが一番低価格で施工してもらえるでしょう。

一方で、ハウスメーカーに依頼した場合は、費用が高くなる傾向があります。

ハウスメーカーから下請け業者に発注する際に中間マージンという形で費用が発生し、そのために直接依頼できる塗装業者よりも工事費が高くなってしまうことがあるからです。

また、下請け側が利益確保のために作業を手抜きで行う可能性も考えられるでしょう。

そのため費用の観点から考えると、中間に何も通さない業者を選ぶことが、工事の費用を安く抑えるためには賢明であると言えます。

次に信頼度の側面から見ていきましょう。

信頼度が最も高いのは大手のハウスメーカーです。

やはり知名度があるメーカーというところで、安心を感じることがあるのではないでしょうか。

技術力の観点では、ハウスメーカーと地元の業者を選ぶのがおすすめです。

リフォーム業者の中には、もともと塗装を専門にやっていて、後からリフォームも手掛けるようになったというタイプのものがあります。

そういった業者は高い技術力を持っていると考えられるでしょう。

 

□業者選びのポイントについて解説

次に、業者を選ぶ際に見るべき3つのポイントについて説明していきます。

後からトラブルが起こることを避けるためにも、事前にチェックしておきましょう。

まず1つ目は、建物の状態をしっかり確認してくれるかどうかという点です、

ほとんどの場合は、くまなく屋根や外壁の状態を見て診断してくれると思いますが、中には確認作業をずさんにするところもあるかもしれません。

屋根に上がって診断をしてくれるか、資格をもった人が診断をしてくれるか、診断の内容を書面で報告してくれるか、といった点は最低限のラインです。

これらを怠らずにしてくれる業者を選択しましょう。

2つ目は、見積もり書の内容の確認です。

見積もり書に書かれていることを見れば、ある程度その業者の信頼度を測れるでしょう。

特に、費用の内訳がまとめられたり省略されたりせずに、しっかり明記されているか、使用する塗料の種類が記載されているか、などは最低限確認しておきましょう。

費用の内訳の詳細が書かれていないと、後から追加の工事をしたという名目で追加料金を請求されても気づかない可能性があります。

顧客が費用の詳細を把握していれば、あとから追加で勝手にお金を請求するようなことはしないでしょう。

また、どの塗料が使われているかを知っていることは大切です。

なぜなら、補助金を申請するときに、適応される塗料と適用されないものがあるからです。

事前にどの種類の塗料を使用するのかは確認しておくのが良いでしょう。

3つ目は、工事後のアフターサービスがしっかりしているという点です。

工事が完了してしばらくしてから、塗装がはがれたなどの問題が発生することもあるでしょう。

そのような問題が発生した際に、保証やアフターサービスを利用できる状態であれば問題はないのですが、まれに保証をつけてくれない、またはアフターサービスが不十分である業者が存在します。

そのため、工事保証などの有無、アフターフォローの質は口コミなどを使って事前にリサーチしておきましょう。

 

□外壁塗装の業者を選ぶ際の注意点とは

中には悪徳な業者もありますので、そのような業者を選ばないようにするための注意点について解説します。

そもそも外壁塗装に悪徳な業者がいくらか存在するのには理由があります。

外壁は外からでも容易に確認できるので、目で確認した後そのまま飛び込み営業をするというスタイルで営業をしているところがあるからです。

また、この際に外壁の損傷を不必要に誇張して不安をあおるという悪質な営業をする者もいます。

さらには、キャンペーン特別価格とうたって、大幅な値下げを提示してくる場合もあるでしょう。

これらのような手法を使って工事の依頼を促す業者があります。

そのため、悪徳なものを選ばないようにするには、飛び込み営業に対応しない、また対応するとしても提案の内容を疑ってかかる姿勢で対応するなど、対策を取ると良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、外壁塗装の業者の選び方について解説をしました。

業者を選ぶ際には、費用や工事のクオリティなどいくつかの観点から複数の選択肢をピックアップして比較検討するのが良いでしょう。

詳しくはこちらをクリック