ドリ-ムハウス沖縄は、那覇市、豊見城市、糸満市、浦添市など(県全域)をエリアとした、ひび割れ補修、塗装、断熱防水、瓦防水専門店です。

最新記事

月別アーカイブ

最新記事

雨漏り工事はどれくらいの期間かかるの?沖縄にお住まいの方必見!

2021年8月18日

「雨漏り工事を依頼したいけど、どれくらいの期間がかかるのかな」
沖縄県に在住の方で、このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。
この記事では、沖縄県の気候と建物の特徴、雨漏り修理の作業工程と期間、工事期間での注意点を紹介します。

 

□沖縄県の気候と建物の特徴とは

*気候の特徴とは

沖縄県は、日本で唯一亜熱帯気候に属している都道府県です。
高温多湿で紫外線が非常に強く、島内全体が塩害地域に指定されています。
また、全国的にも雨が降る量がとても多いことが特徴です。

それに加え、沖縄県は台風の通り道になることが多く、台風の被害にあうことが多いです。
以上より、沖縄県は建物にとってとても過酷な環境であることが分かります。

 

*沖縄県の建物の特徴とは

沖縄県は過酷な環境に対応するため、雨風に強く、丈夫な建物が多いことが特徴です。
実際に、沖縄県の建物の90パーセント以上が鉄筋コンクリート造です。
鉄筋コンクリート造の建物は鉄筋、コンクリート、木材等で構成されています。

コンクリートの特徴は圧縮への強さと引張への弱さです。
そんなコンクリートと圧縮に弱く引張に強い鉄筋を組み合わせることで互いの弱点を補い合い、丈夫な建物となります。

 

□雨漏り修理の作業工程と期間とは

雨漏り修理の作業は大まかにいうと、雨の影響を受けやすい屋上から行い、次に外壁、室内の順番に作業をします。

まず、半日から1日かけて現場調査と作業内容の決定を行います。
雨漏りの発生箇所の特定方法には、目視調査や散水調査、解体調査、赤外線サーモグラフィー調査などがあります。

次に、およそ1日かけて足場を組みます。
一般的な大きさの家であれば1日でこの作業は終わりますが、大きい足場が必要な時は1日以上時間がかかることがあります。

ただし、建物の1階にある外壁のコーキング充填やサッシ枠交換で雨漏りをなおす時は、足場を組む必要がありません。
足場を組む必要がある条件は、屋上のような建物の高い場所での作業が必要なケースです。

そして、屋上工事や防水工事をします。
水の侵入で各部に広がる可能性があるため、この作業がはじめに行われます。
雨漏りの発生原因や状態、発生場所によって作業内容は異なります。

作業内容としては、防水コーキングや屋上の塗装、瓦の修理などがあります。
必ずしも雨漏りの工事は屋上での工事が必要になるとは限らず、外壁のみが原因の場合は外壁の修理工事のみとなります。

屋上の工事の次は、外壁の工事となります。
外壁の工事の作業内容としては、ひび割れ工事やサッシの水切りコーキング、外壁材の張り替えや外壁塗装の塗り替えなどがあります。
この工程に関しても、外壁に問題がない場合であれば行う必要はありません。
雨漏りの発生場所が屋上と外壁のどちらなのかは、最初の調査、見積もりの段階でしっかり確認しましょう。

外壁工事が完了したら、その次は内装工事です。
屋上や外壁での外の工事が終了したら、次は建物の中での工事です。
内装工事では、クロスの張り替えや天井修理などを行います。

クロスの張り替えは1日から1日半、天井修理は部分的な修理だと3日、全体の修理だと2週間程度かかります。
天井材は水を吸うことで剥がれや変色がおき、カビが発生することがあります。
必ず必要というわけではありませんが、見栄えが気になる人は内装工事の検討をおすすめします。

ここからは、その他の補修工事の紹介をします。
物置の修理工事や出窓の修理工事です。
物置の修理工事はおよそ2日、出窓の修理工事はおよそ半日から14日程度かかります。

屋上は雨漏りすると広範囲に広がってしまう恐れがあるため、最初に検査が行われる可能性が高いです。
また、被害の規模や原因によっては優先順位が高い順から作業を行うこともあります。

 

□工事期間での注意点とは

1つ目の注意点は、家の広さや被害状況、天候によって工事期間が左右されることです。
被害の状況が目に見える範囲内に収まっていれば良いのですが、予想していたよりも広範囲に広がっている場合や深刻な場合があります。
また、実際に屋上や壁を剥がして初めて被害状況が分かるケースもあります。
もちろんその場合は工事期間が長くなってしまう可能性があります。

天候によっても工事期間が長くなることがあります。
天気がよければ工事期間が短くなる事がありますが、悪天候が続くと工事期間が延長される可能性があります。
雨漏りの工事は、雨が降っているときは中止になるケースが多いです。

2つ目の注意点は、工事を開始するまでに時間がかかる場合があることです。
例えば工事前の資材の搬入や作業用の足場の設置、近隣住民への工事の連絡など、工事とは直接関係のない工程で時間がかかることがあります。

 

□まとめ

今回は、沖縄県の気候と建物の特徴、雨漏り修理の作業工程と期間、工事期間での注意点を紹介しました。
沖縄県の建物は雨風に強いという特徴があり、雨漏りの作業工程や期間は原因によって違います。
沖縄県に在住の方は、ぜひお役立てください。

 

詳しくはこちらをクリック