ドリ-ムハウス沖縄は、那覇市、豊見城市、糸満市、浦添市など(県全域)をエリアとした、ひび割れ補修、塗装、断熱防水、瓦防水専門店です。

最新記事

月別アーカイブ

最新記事

ゲリラ豪雨にあって雨漏りをした際には火災保険が適用されるのかについてご紹介!

2022年7月2日

「ゲリラ豪雨の保険適用範囲について知りたい」
「雨漏りした際に取るべき対処法について知っておきたい」
このようにお考えの方は、いらっしゃいませんか。
今回は、ゲリラ豪雨にあって雨漏りした際に火災保険が適用されるのかについてご紹介します。
ぜひ参考にしてくださいね。

 

□ゲリラ豪雨の保険適用範囲について

ここでは、ゲリラ豪雨の保険適用範囲についてご紹介します。
皆さんは、どこまで保険適用されるとイメージされているでしょうか。
わからない方もここで一緒に確認していきましょう。
火災保険の契約内容によって適用範囲が異なるので、注意しましょう。

ゲリラ豪雨による被害は、落雷、強風による被害、大雨による床上浸水などの被害が対象となるケースが多いです。
例えば、ゲリラ豪雨が原因で屋根が壊れたところから雨漏りしたという場合は、補償してくれる可能性があります。
火災保険で雨漏りの補償を受けるには、ゲリラ豪雨が原因で雨漏りの被害があったことをきちんと伝える必要があります。

ここまで、適用される範囲についてご紹介しましたが、ゲリラ豪雨が原因の被害で補償を受けることは難しいといえるでしょう。
火災保険を偽る悪徳業者も多いので、引っかからないように注意しましょう。

 

□雨漏りで火災保険が適用されるための条件とは

ここからは、適用される条件と適用されない条件についてご紹介します。

まずは、適用される条件についてご紹介します。
適用される条件は、風災、雪災、雹災による被害であること、雨漏りの修理が必要になってから3年以内に報告すること、被害総額が免責金額以上であることの3つです。

先ほどもご紹介した通り、風災、雪災、雹災が原因の場合、火災保険が適用されます。
また、台風によって瓦が崩れたり、雹によって窓に穴が開いたりした場合でも適用されますよ。
このように自然災害が原因であれば、火災保険の対象となるでしょう。
ゲリラ豪雨や台風、春一番の強風による屋根や天井の破損、雪による雨樋の破損などが対象となります。

雨漏り被害にあうと、修理が必要になりますよね。
その場合は、被害から3年以内であれば火災保険が適用されます。
3年以内であれば申請可能ですが、遅くなると、原因の特定が難しくなるので早めに申請しましょう。

加えて、いつの被害なのか特定が困難な場合やいつ発生したのかわからない場合もありますよね。
わからない場合は、いつの被害なのかきちんと明確にするようにしましょう。
また、保険金は取得可能なのかも把握しておきましょう。

被害総額が免責金額以上でも火災保険が適用されます。
免責金額とは、この被害額まで自己負担するという基準なので自身で設定したり20万円であったりする場合が多いです。
わからない場合は、保険会社に確認しておきましょう。

次に、火災保険が適用されない条件についてご紹介します。
適用されないのは、経年劣化による雨漏り、初期不良やリフォーム時の不良による雨漏りです。

経年劣化による雨漏りは、自然災害ではありませんよね。
火災保険は、自然災害によって発生した損害を補償する保険なので適用されません。

初期不良やリフォーム時の不良は、人災に当てはまります。
作業者の不注意で生じる損害なので火災保険に当てはまらないことを覚えておきましょう。
初期不良の場合は、新築から10年以内に雨漏りが発生したら建設会社に無償で修理依頼できますよ。

 

□雨漏りが生じた際の対処法について

最後に雨漏りが起こった際の対処法についてご紹介します。
対処法は、3つあります。

1つ目は、本当に雨漏りかどうか確認しましょう。
自然災害が原因なのか、経年劣化が原因なのかも見極める必要があります。
先ほどもご紹介した通り、自然災害は火災保険が適用されますが、経年劣化は適用されません。
原因は何なのか調べて、原因をはっきりさせることをおすすめします。

2つ目は、悪徳業者の詐欺に注意しましょう。
飛び込みで屋根の無料調査をうたったり、修理には火災保険が使えるとアプローチして高額な修理費を請求したりするような悪徳業者もいます。
悪徳業者の被害に遭わないように注意しましょう。

3つ目は、保険金請求の最初の電話に気を使いましょう。
雨漏りしていることを言わないようにしましょう。
雨漏りしているからといって保険金の請求を依頼すると対象外であるといわれてしまいます。

また、保険会社に連絡する前に、専門店に相談しましょう。
当社は、外壁改修や瓦屋根防水工事、塗装、断熱防水を専門に営業しています。
雨漏りにお困りで塗装や防水工事を行う場合は、当社までお気軽にご相談ください。

 

□まとめ

今回は、ゲリラ豪雨の際に保険が適用される範囲、雨漏りが生じた際の対処法など雨に関するお悩みを解消するための情報をお伝えしました。
当社は、保証制度があり、完全自社施工で行なっています。
外壁改修や瓦屋根防水工事、塗装、断熱防水に関するお悩みがある際は、当社までお気軽にご相談ください。

詳しくはこちらをクリック