ドリ-ムハウス沖縄は、那覇市、豊見城市、糸満市、浦添市など(県全域)をエリアとした、ひび割れ補修、塗装、断熱防水、瓦防水専門店です。

最新記事

月別アーカイブ

最新記事

雨漏りで家が崩れるって本当?雨漏りの原因や危険な初期症状を解説!

2022年9月8日

「雨や台風で雨漏りしてしまったけど、晴れたから乾くだろう」
このように雨漏りを放っておいてしまったり、修理を頼むのを忘れてしまったりすると大変なことになってしまいます。
そこで今回は、雨漏りの主な原因や被害、初期症状などを紹介します。
雨漏りでお困りの方や予防したい方は、ぜひ参考にしてください。

 

□雨漏りの主な原因について

まずは、屋上の雨漏りの主な原因についてです。
屋上の雨漏りは、瓦のズレ、ひび割れの他にも板金の異常、漆喰や防水機能の劣化などが挙げられます。
そのため、雨漏りが起こった際は専門家に調査を依頼しましょう。

次に、窓サッシの雨漏りの原因です。
屋上以外にも、窓サッシからも雨漏りが起こる可能性があることを覚えておいてください。
窓サッシは、コーキングの劣化やひび割れ、引き違い窓の隙間ができてしまっている際に雨漏りが起こってしまいます。
雨漏りに気付いたら染み込む前に対処するようにしましょう。

続いて、ベランダの雨漏りの原因です。
ベランダの雨漏りは、床面の防水効果の劣化や防水施工の破損、笠木の劣化や破損、排水溝のつまりなどが挙げられます。
それらに異常が見られたらすぐに修繕をするようにしましょう。
ベランダは、環境上外の日光などに触れることが多いので劣化に注意が必要です。

最後に、外壁の雨漏りの原因です。
外壁の雨漏りは中の素材や家の内部にまで影響を及ぼす可能性があるので、すぐに修繕する必要があります。
外壁の雨漏りの原因として、外壁のひび割れやコーキングの劣化などが挙げられます。
築年数が長いほど、劣化から生じる雨漏りは発生しやすいのでよく注意しておきましょう。

 

□雨漏りを放置すると起こる被害について

まずは、家の躯体の劣化です。
家の床や天井、壁、家の最上階の天井にシミができてしまっている場合は要注意です。
家の外から入ってきた雨水が家の内壁と外壁の間の柱に染みてしまうと、家が壊れたり、シロアリが発生したりする恐れがあるので早急に修繕しましょう。

鉄筋コンクリートの住宅の場合でも起こり得るので、安心はできません。
鉄筋コンクリートの鉄筋が雨で被害を受けている場合は注意が必要です。
鉄筋にサビが生じて、内部が膨張してしまうと、内側から簡単に粉砕できてしまいます。

次に、電気についてです。
居住空間への雨漏りが見られた場合、屋根裏は既に雨漏りしてしまい、場合によっては危険な状態になっていることが多いので注意しましょう。
電気の場合、漏電してしまうことに加え、漏電から火災につながるので注意が必要です。

火事になってしまえば、命を落としてしまう大きな事故になります。
それゆえ、雨漏りを甘く見ておくことはおすすめしません。
感電なども考えられるので、雨漏りに気づいたら電化製品の取り扱いに注意して、危険を感じたら無闇に触れないようにすることをおすすめします。

最後に、害虫や害獣、菌が発生することです。
雨漏りが起こると、家の木材は水を含み腐ってしまいます。
そして、水を含んだ木はシロアリの好物なので、被害を受ける前に修繕するようにしましょう。
シロアリ以外にもネズミなどが住みついて、家の内部を壊してしまうケースがあるので注意してください。

家に害を及ぼす害虫を含め、カビや菌は人体へも悪影響を及ぼします。
カビや悪性の菌が、呼吸によって体内に入り、体調を崩してしまうことや、害獣などから感染症をもらってしまうこともあります。
体調を崩すことや感染症をもらうことだけではなく、肺炎といったの深刻な病気にもかかる恐れがあります。

 

□雨漏りの初期症状について

まずは、天井や壁の初期症状です。
天井や壁のシミや水滴、壁紙などの剥がれや反りが初期症状として見られます。
天井材や天井のクロスは少量の水を吸収しますが、水分量が多い場合は水滴として床に垂れてきたり、クロスの間から滲み出たりするので注意しておきましょう。

次に、床の膨れ上がりです。
カーペットやフロアマットなどを敷いていると気付きづらいですが、床の雨漏りで床材が膨れ上がっていることがあるのでよく注意が必要です。
また、木材などの場合、シロアリにも注意が必要です。

原因が外壁でも、構造などによって床から雨漏りが起こることもあるので、上から下に落ちてくるだけではないということを把握しておくことが重要です。

最後に、襖や障子の波打ちです。
雨漏りしていても、室内の柱の表面には影響が見られないことが多いです。
襖や障子にシミがついていたり、波打っていたりすることで気付くケースもあるのでよく見ておきましょう。
窓のサッシからの雨漏りの可能性もあるので注意が必要です。

 

□まとめ

この記事では、雨漏りの原因や被害、雨漏りの初期症状を紹介しました。
目に見える影響だけでなく、目に見えないまま悪化している場合もあるので、少しでも目に見える影響が出た際は早急に調査して修繕に取り掛かりましょう。
雨漏りでお困りの方は、ぜひ一度当社にご相談ください。

詳しくはこちらをクリック