ドリ-ムハウス沖縄は、那覇市、豊見城市、糸満市、浦添市など(県全域)をエリアとした、ひび割れ補修、塗装、断熱防水、瓦防水専門店です。

最新記事

月別アーカイブ

最新記事

屋上の防水工事にかかる費用の目安を沖縄の業者が紹介

2019年2月16日

「自宅の屋上に防水工事をしたい。費用はどのくらいかかるのだろう?」
防水工事に限らず住宅の工事をする際には価格のことが気になりますよね。
そこで今回は、屋上の防水工事にかかる費用の目安を工事の種類ごとにご紹介いたします。
 

□防水工事の費用について

防水工事には大きく分けて4種類の方法が用いられています。
それぞれの方法や価格の相場を見ていきましょう。
 

*ウレタン防水

ウレタン防水材を屋根に塗ることによって、屋根の防水性を高める工法のことです。
その中にも、防水材を直接塗りつけて施工する密着工法と通気マットを下に敷いてから塗る絶縁工法の2つがあります。
ウレタン防水の魅力は何と言っても低価格で施工できるということです。
価格の相場としては1平方メートル当たり4500~7500円程度となっています。
他のものと比べるとそれほど変わらないかもしれませんが、ウレタンだけを塗るため全体として安くなるのです。
 

*シート防水

屋上の下地に防水シートを貼り付ける工法のことをシート防水と言います。
単にシートを貼り付けるだけですので、短期間で工事を終わらせられることが特徴です。
価格の相場としては1平方メートル当たり4000~7000円程度となっており、これはどのようなシートに使っているかによります。
シートにもゴム状のものや塩化ビニルのシートなど、様々な種類があります。
価格を重視するのか、それとも性能を重視するのかで選んでいくようにしましょう。
 

*FRP防水

ガラス繊維で補強された素材を使って防水性を高める工事のことです。
伸縮性がないのでひび割れを起こしやすいのが難点かもしれません。
しかし、腐食する心配もなく強い耐久性を示す点が嬉しいですね。
価格の相場としては1平方メートル当たり5000~7500円程度となっています。
 

*アスファルト防水

アスファルト防水工事はルーフィングと呼ばれる防水シートを使い、さらにその上からコンクリートを流し込んで固める工法です。
他の工法と異なり、10~20年という耐久性の高さが魅力でしょう。
価格の相場としては1平方メートル当たり5500~8500円程度と比較的高額になっています。
 

□最後に

今回は、防水工事の費用についてご紹介いたしました。
沖縄は台風の接近や通過も多いため、家屋が大きな衝撃を受けることも多いですよね。
また雨も集中して降ることもあるので、雨水が侵入しないように対策を講じておきたいものです。
その一つとしておすすめの防水工事は、屋根に大雨が降っても適切な流路で排出していくために必要な工程と言えるでしょう。
家屋を長持ちさせるためにもご検討をおすすめいたします。

詳しくはこちらをクリック