ドリ-ムハウス沖縄は、那覇市、豊見城市、糸満市、浦添市など(県全域)をエリアとした、ひび割れ補修、塗装、断熱防水、瓦防水専門店です。

最新記事

月別アーカイブ

最新記事

外壁塗装の色を決める、選び方のポイントとは?|沖縄のプロが解説

2019年3月8日

「外壁の色を変えたい…」
「家の外観をイメージチェンジしたい…」
と考えている方、必見です。
外壁の色はその家の外観のイメージを決める大切なポイントですよね。
色選びはとても重要なのです。
そこで今回は、外壁塗装の色選びでお悩みの方のために、色を選ぶときのポイントをご紹介します。
 

□失敗しない色選びのポイント

*理想の外観イメージを考える

その住宅のスタイルや雰囲気によって選ぶべき色を決めることが大切です。
まずは、どのようなイメージに近づけたいか考えてみましょう。
例えば、周りの住宅よりも目立つ色にするのか、馴染む色にするのかで、選ぶ色は変わってきます。
理想の外観のイメージを固めてから、色をどうするか考えるべきです。

*業者に理想のイメージをしっかり伝える

外観のイメージを固めたら、そのイメージを施工してもらう業者に細かく伝えましょう。
自分の中で理想が決まっていても、他人には言葉や画像ではっきり示さなくては伝わりません。
業者との間で完成イメージが違っていて、完成した塗装に満足いかなかった、という失敗例もあります。
外壁塗装業者もプロの技術を持っているので、希望を伝えればその色を再現してくれます。
しっかり話し合ってから施工に取りかかってもらいましょう。
 

□人気の色は?

*ナチュラルスタイル

木造住宅であたたかみのある落ち着いた雰囲気にしたい方は、ベージュに近い色である、練色(ねりいろ)や香色(こういろ)、もしくは茶色と黒を混ぜたような桧皮色(ひわだいろ)を選ぶのがおすすめです。
落ち着いた優しい雰囲気の中に、上品さを兼ね備えた外観を演出できます。
また、少しアクセントを効かせたい方は、グリーンや赤茶に近い弁柄色(べんがらいろ)を取り入れても良いでしょう。

*モダンスタイル

流行りのモダンスタイルにしたい方は、暗めの色と明るい色の2色を必ず取り入れましょう。
深緑やエレクトリックブルーなどのアクセントとなる色と、真珠色(しんじゅいろ)や生成色(きなりいろ)のような明るい色を組み合わせると、モダンテイストな外壁に仕上げられます。
 

□まとめ

今回は、外壁塗装の色の選び方についてお伝えしました。
家の外観はその家の最初のイメージを決める重要なポイントです。
家を建ててから何年経っても、綺麗な住宅の外観を保ちたいですよね。
外壁塗装を塗り直すことで、イメージチェンジをするだけでなく、外壁を長持ちさせることも可能です。
外壁塗装を綺麗にすることで得られるメリットはたくさんありますので、外壁の劣化や色褪せが気になり始めている方は、なるべく早く業者に依頼して塗装工事をしてもらいましょう。
沖縄で外壁塗装をお考えの方は、ぜひ当社までお問い合わせくださいませ。

詳しくはこちらをクリック