ドリ-ムハウス沖縄は、那覇市、豊見城市、糸満市、浦添市など(県全域)をエリアとした、ひび割れ補修、塗装、断熱防水、瓦防水専門店です。

最新記事

月別アーカイブ

最新記事

【重要なのは下地処理だった?】外壁塗装について分かりやすく解説します!

2019年5月8日

「外壁塗装で重要なポイントって?」
「外壁塗装の下地処理について詳しく知りたい!」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
素人にはどの部分が重要なのか分からないですよね。
実は、外壁塗装では下地処理も重要です!
ここを手抜きしてしまうと、工事全体の出来栄えに大きな影響を与えます。
今回は、外壁塗装における下地処理の重要性について詳しくお話します!

□下地処理とは?

外壁塗装とは、劣化した外壁に新たな塗料を塗ることを意味しますが、塗料を塗る前に、やるべき処理がいくつかあり、それを下地処理と呼びます。
この下地処理が終わって初めて、下塗りや上塗りのように塗料を塗っていきます。
下地処理の工程は壁の洗浄、壁のクラックの補修やシーリング処理などの段階に分けられます。
それでは具体的に作業の内容を見ていきましょう!

*壁の洗浄

まずは、壁の洗浄ですね。
高圧洗浄を施し、外壁についた汚れやホコリを綺麗に落とします。
汚れだけでなく、苔やカビなども除去していきます。
また、粉状になってしまった以前の塗料も落とし、新しい塗料を塗る下地を作ります。

*壁の補修(ひび割れやカビの除去)

次に、それまでの劣化でできた外壁のひび割れやはがれを補修していきます。
壁が劣化した状態だと、新しい塗料を綺麗に塗ることはできません。
ひび割れ部分には、シーリング材を使用して壁の凹凸を消し、サビがある場合は除去し、その上でサビ止めを塗っていきます。
この工程を行うことで、新しい塗料がより外壁に密着し、落ちにくく長持ちします。

□下地処理の重要性

上記の作業を終了した後、初めて下塗りといった塗料を塗っていく工程に入ります。
塗料をムラなく塗流には、下地処理は極めて重要。
ですが、塗料の品質が良くても、下地処理が出来ていないと仕上がりは良くなりません。
手抜き工事と言われる外壁塗装の施工の多くが、この下地処理をしっかり行なっていのです。
信頼できる業者を選ぶ際は、下地処理をしっかり行なっている会社なのか、しっかり確認しましょう。

□まとめ

今回は外壁塗装をする際に重要な下地処理について詳しくお話しました!
塗装の段階の前に、下地処理をしっかりすることが大事!
ですが、見た目では分からないこの作業は、素人には判断できません。
そのため、業者に見積もりを出してもらうときにも、下地処理はどのような工程で行うのか必ず確認するようにしましょう。
これから外壁塗装をする方はぜひ参考にして下さいね。

詳しくはこちらをクリック